廃鶏の背景を知ってほしい

鶏

「廃鶏」とは採卵期間を終えた雌鶏のことで、親鶏と表記されることもあります。
まだまだ産卵可能で元気でも、飼育コスト削減のために屠殺されることが多く、少し肉質が固いためミンチにされて加工肉になることが多い彼女たちは、肉用鶏と比べると市場価値はとても低いです。
よって処理費用の方が高額になるため処理施設が不足しており、大変劣悪な環境で扱われています。

あえて「廃鶏」という名前を使用

味つけ廃鶏

なぜ「廃鶏」という漢字をそのまま商品名にしたのかとよく尋ねられます。
あまり良いイメージがない字だからでしょう。理由は2つあります。
1つ目は、「ハイケイ」の呼び名で昔から愛されている豊根村のソウルフードだからです。2つ目は、廃鶏が人間の都合で劣悪な環境で殺処分されているという背景と、こんなに美味しいお肉だということを知って欲しいからです。
気になったことをすぐに調べることができる情報社会だからこそ、まずは「廃鶏って何?」と疑問に思っていただくことが重要だと考えました。
味つけ廃鶏をきっかけに、廃鶏の背景を知っていただいたり、美味しさを知っていただくことで、少しずつ廃鶏への認識や扱い方が変わっていくことを願っています。

豊根村ってどんなところ?

豊根村

村の面積は9割が森林に覆われており、自然豊かで住みやすい環境です。

昭和44年には天竜奥三河国定公園に指定されるなど、四季折々の自然の豊かさを感じることができます。
春には、枝垂れ桜「粟世桜」などが咲き誇るとともに、全国有数の「芝桜」が楽しめます。
夏には、愛知県で生産量一のブルーベリーが楽しめるとともに、全国清流巡り利き鮎会で準グランプリに輝く「あゆ」も楽しめます。
秋には、愛知県で一番早い紅葉が楽しむこともでき、
冬には、愛知県で唯一の茶臼山高原スキー場でスキーやスノーボード等が楽しめます。

住人同士の関係も良好で、家族のような関係性を築いていることに加え、新しくやってきた人々にも親身に接する文化が根付いています。
村民運動会などの村内行事もあり、住人同士の交流も多いので、情報社会に疲れた方や、自然や人との関わりを持ちたい方はぜひ一度豊根村にお越しください。
豊根村の暮らしには、「忘れかけていた、古き良き日本」と、その心を思い出させてくれる「ホンモノの田舎暮らし」があります。